台灣綠黨:亞洲綠色運動中成功的故事 

台灣綠黨(Green Party Taiwan, GPT)在2012年全國大選中,贏得的票數幾乎是上一屆的四倍,也確立成為台灣第五大政黨。而2010年11月台北市議員選舉中,台灣綠黨亦在某些選區贏得百分之五的選票,並成功領回競選保證金。我相信,台灣綠黨正朝著成功之路邁進,我們日本綠黨,對其成就深感羨慕。

台灣綠黨的特色,在於堅持以「生態與多元」作為政黨哲學,並且毫不退讓。在日本,如果小黨堅守其原初的政治態度,最後總會失去支持而逐漸消失;相反地,台灣綠黨卻穩定地得到群眾的認同與支持。我認為,台灣綠黨之所以能夠成功,不僅因為其與公民運動、團體、議題相關的非政府組織間相互聯結;同時,也因為台灣綠黨持續、堅定地挑戰每一次的全國選舉與地區選舉。蒙古、尼泊爾與菲律賓等亞洲地區雖然也有綠黨存在,但我確信,在運動的推展上,台灣綠黨是最為成功的。

日本的綠色運動於八零年代便已開展,具有綠色導向的團體也經常參與國家選舉,但卻無法建立綠黨組織,以致於三十年來,不斷重複潰散的命運。台灣綠黨則以相反的方式運作:自開始就以政黨組織的形式活動,開拓成果,最後終於成功地贏得公民支持。因此,我想鼓勵台灣綠黨持續前進,並建議亞洲其他綠黨與運動組織,從台灣綠黨的成功故事中汲取經驗。

今本秀爾,President of ECOXIA Institute日本綠色智庫執行長,國際綠色運動者

 

Green Party Taiwan is truly a success story in the Asian Green Movement

Green Party Taiwan (GPT) gained almost 4 times as many votes as before in this national election, confirmed the fifth biggest party in Taiwan. I am convinced that GPT is going on their success story, as we Japanese green activists are envious of their achievement.

In the municipal election of Taipei, in November 2010, GPT gained 5 percent vote in some constituencies and their electoral deposit were successfully given back. The characteristics of GPT is that they have always kept insisting on “ecology and diversity” for their party’s philosophy, which they have never withdrawn at all until now. In Japan, if a small party sticks to their original political attitude, it always loses supporters and disappears; on the contrary GPT stably gains their supporters. The background of their success, in my opinion, comes from their success in networking with citizen movements, groups and related NGOs, as well as from their stable challenges for every national and municipal election these several years.

Today, several Green parties exist in Asian region, such as Mongolia, Nepal and Philippines, but I am sure that Taiwan is the most successful case in developing their movement. In Japan, there already began Green movement since 1980s, and many Green-oriented groups challenged for national elections, but they always failed to establish Green Party organization, then repeated their collapsing every time for about 30 years. On the other hand, GPT is originally set up as a Party organization, developing their achievement, has been successful in gaining citizen supporters. Therefore I would like to send them cheer message frankly, suggesting that other Green parties and movements in Asia should learn much from their success story.

SHUJI IMAMOTO (President of ECOXIA Institute, Japan Green Think Tank)

 

日の台湾総選挙でも健闘していた「緑の党」

2012年1月14日、台湾では総統選と同時に国会議員(立法委員)総選挙が行なわれた。

台湾は日本と同様、小選挙区比例代表並立制を採用しており、今回も二大政党である与党国民党と最大野党・民進党との一騎打ちの様相を呈したが、他にもいくつかの少数政党が候補者を連ねた。

そんな中、環境保護と脱原発、社会的公正を一貫して掲げる台湾の緑の党(台湾緑党)は、議席こそ獲得できなかったものの、大健闘した。

4年前(2008年)の総選挙で同党は5万8千票(0.59%)の得票であったが、今回は総得票数を22万9566票(1.74%)と4倍に伸ばし、国内で第5政党勢力の座を確実にした。

台北市第7選挙区(信義区)では、党前代表で中央執行委員兼政策部主任のパン・ハンシェン(潘翰聲)氏(41)が、候補者が擁立できず自由投票となった最大野党の民進党支持者の支持も集め、4万3449票(24%)を獲得したが、第一党を国民党候補者に奪われ、惜しくも次点となった。

台湾緑の党は、とりわけ台湾電力の低レベル放射性廃棄物処理施設のある蘭峡島(Lai Yu Island)では、緑党は35.76%と他党を退け、最高得票を得た。

台湾緑党は、一九九六年に創設され、15年の歴史を持つ台湾唯一の環境保護政党である。同党は国政選挙や首都市議選など、過去の主要選挙に毎回多数の候補者を擁立する一方に最近では国内の環境・人権NGOや関連市民団体との広範なネットワークや協働により、多くの党員や支持者を着実に増やしてきた。

さらに同党はユニークな選挙戦術でも知られる。今回の選挙では太陽光パネルを取り付けた自転車部隊を市中に動員したり、LGBTや少数先住民族の候補者を擁立するなど、党是をアピールする選挙戦を展開した。日本の福島原発事故を受けて、現在6基ある国内の原発からの撤退も政策争点に掲げた。

これまで台湾の少数政党は、日本と同様、高額の選挙供託金没収による財政難に苦しんでいたが、緑の党ではすでに2010年秋の台北市議選で立候補した一部の候補者は2%以上を得票、規定の得票率を突破し、供託金返還に成功した。

ただ政党要件として議席を獲得し、国からの政党助成を得るには、国政選挙(立法委員選挙)で5%の得票ラインを突破することが条件であり、今回同党は惜しくも実現できなかった。

気候変動による洪水問題、高速道路建設による土地開発や、石油プラント建設による海洋汚染および海洋保護種存亡の危機など、台湾でも環境問題は深刻化しつつあり、日本に先んじて、緑の党の躍進がますます期待される。(国際政治ジャーナリスト・今本秀爾)

~SHUJI IMAMOTO,Provisional president of ECOXIA Institute, former leader of ECOLO Japan, and an international Green activist.

http://www.alterna.co.jp/8133

 

 

01/14/2012 – 13:00

Related

Subscribe for APGF News